加圧トレーニングはどういう場面で利用されているのか

加圧トレーニングはど様々な場面で活用されています。 - 加圧トレーニングは医療に利用されている

加圧トレーニングは医療に利用されている

日本加圧トレーニング学会という団体があります。
そこには医師や看護師、理学・作業療法士、また鍼灸師や柔道整復師などが所属しています。さらに教育施設でのスポーツ指導者もいます。
そして加圧トレーニングを科学的に研究しています。
その中でも昨今は、加圧トレーニングの医療に対する効果が注目されています。

リハビリ法として利用

脳卒中から奇跡的な生還をしても、辛い後遺症が残るケースは少なくありません。
人間の身体は、使わないとどんどん機能が低下していきます。
長い入院生活が続けば、手足を動かすこともありません。すると病気で衰えた部分が、さらに動かなくなってしまいます。
もちろん病状が安定したらリハビリを始めます。
とはいえこれまでは有効なリハビリ法がありませんでした。
そこで加圧トレーニングを取り入れたらどうなるか。当初は、血管に負荷をかけて大丈夫か、心配がありました。
しかし事例を積み重ねることで、加圧トレーニングによる成長ホルモン分泌量がこれまで以上に増えることが確認されました。
負荷をかければ人間の本能が蘇るのでしょう。
今では多くの医療施設が、画期的な方法としてリハビリに加圧トレーニングを利用しています。

健康法として利用

wqga
加圧トレーニングがリハビリに使えるなら、患者さんの健康法にも応用できないか。普通に到達する疑問でしょう。
そのため加圧トレーニングを採用している医療機関では、他の病気で入院している患者さんへの健康法としても利用するケースがあります。
加圧によって成長ホルモンが分泌されるため、病気の回復も早まるようです。
さらに全身運動にもなり、結果として血流を促し、体脂肪の分解にも貢献すると期待されています。

指導に従えば良いことづくめ

もちろん素人が勝手にやってはいけません。
特に循環器系の持病がある人は注意が必要です。
とはいえ指導に従って正しく行えば、加圧トレーニングは良いことづくめです。
無理をしなければ現状において重篤な副作用は報告されていません。
リハビリなどで試してみたいと思う人は、近くの医療施設で相談してみましょう。
加圧トレーニングには筋力アップのイメージがあります。
しかし運動選手だけに効果があるわけではありません。
昨今注目されているのが、アンチエイジングを含めた美容分野です。
成長ホルモンが分泌される点から考えれば、まさに利用すべき分野です。

アンチエイジング効果あり

アンチエイジングは、どんな人が求めるのでしょうか。
一見すると筋トレとはまったく無縁の中高年女性かもしれません。
これまで運動をしてこなかったような人たちでも、加圧トレーニングは有効です。
例えばお肌のはりを与えるコラーゲンやヒアルロン酸は、体内で成長ホルモンが分泌される際に吸収力が高まると指摘されています。
その最適な状態を作ってくれるのが加圧トレーニングなのです。
今までどのダイエット法も続かなかった。いくつもの化粧品を試してもしわやたるみがとれなかった。
そんな人は是非近くの加圧トレーニングジムで相談してみましょう。

身体を引き締める

美容を求める人は、スリムな体型に憧れるものです。
とはいえ無理なダイエットをすると、変なやせ方をしてしまいます。
一時的に身体は細くなるのでしょうが美しくはありません。
そこで加圧トレーニングの原理が活きてきます。
多くの女性は、筋肉も付けたくない!そう考えているでしょう。
もちろんボディビルダーとまではいきませんが、ある程度の筋肉があるからこそ、身体が引き締まって見えるのです。
お肌やお腹のたるみ、そして猫背は筋力が弱っている証拠です。
美的に身体を引き締めたいなら、加圧トレーニングがおすすめです。

痩せたモデルは時代遅れ

美容と筋トレは対極にあるイメージです。しかし発想を変えてみることにより、新たな効果が見えてくるのも事実です。
初めから敬遠するのではなく、まずは試してみましょう。
痩せたモデル像は時代遅れです。
見ていて安心できるナイスボディを、加圧トレーニングでダイエット |東京・名古屋 加圧ビューティーテラスで手に入れましょう。